有限会社DUO





WITH ESTATE

WITH ESTATE
「地域の再生」
Copyright Daisuke Gouda
「地域の再生」
Copyright Daisuke Gouda
住宅地の空テナントを再利用する事は、地域の人と人を繋げる事に繋がる。
人が集う場所が増える事、灯りが増える事を改めて考えると、
前の店舗が灯りを落とした地域に新陳代謝がおこる。
既存の建物を大事に使い、新たなお店の根を張る為に想いを植える事に造り手として触れる。
住宅地の空テナントを再利用する事は、地域の人と人を繋げる事に繋がる。人が集う場所が増える事、灯りが増える事を改めて考えると、前の店舗が灯りを落とした地域に新陳代謝がおこる。既存の建物を大事に使い、新たなお店の根を張る為に想いを植える事に造り手として触れる。
地域の人が繋がる場所
空の空間から制約の範囲内での仕上がりを考えると、
その後の可能性が膨らんでくる。
お腹いっぱい食べたい人、
ゆっくりお酒を楽しみたい人、
トイレは外にある為、
車通りの多い道路に対する動線も検討する。
ここの空間にどのような灯りが灯るのか?
どのような想いが交じり合うのか?
ほんの少し、とても小さくても
地域の人が繋がる場所を作る。
地域の人が繋がる場所
空の空間から制約の範囲内での仕上がりを考えると、
その後の可能性が膨らんでくる。
お腹いっぱい食べたい人、
ゆっくりお酒を楽しみたい人、
トイレは外にある為、
車通りの多い道路に対する動線も検討する。
ここの空間にどのような灯りが灯るのか?
どのような想いが交じり合うのか?
ほんの少し、とても小さくても
地域の人が繋がる場所を作る。
この小さな鉄板一つに火を入れる事で街角に灯が灯る。
核となる鉄板のレイアウトは確定していたが、さらに狭小の空間を活かす為に設計と現場での最終打合せで床にカウンターの仕上りの原寸を描き、最終的にカウンターの幅を3種類に分ける事になった。
ついついゆったりと大味になりがちだが狭小の場合は特に設計の密度の高さが要求される。
この小さな鉄板一つに火を入れる事で街角に灯が灯る。
核となる鉄板のレイアウトは確定していたが、さらに狭小の空間を活かす為に設計と現場での最終打合せで床にカウンターの仕上りの原寸を描き、最終的にカウンターの幅を3種類に分ける事になった。
ついついゆったりと大味になりがちだが狭小の場合は特に設計の密度の高さが要求される。
通常は下地を作り、化粧材となるカウンターを固定していくが、下地の厚みを24㎜かつtrickyな設置位置と寸法になる為、カウンターを繋ぎ固定してから下地を作る。
店舗の工事の施工方法は臨機応変を求められる。
時にセオリーを無視したとしても完成した仕上り形状を優先する。
通常は下地を作り、化粧材となるカウンターを固定していくが、下地の厚みを24㎜かつtrickyな設置位置と寸法になる為、カウンターを繋ぎ固定してから下地を作る。
店舗の工事の施工方法は臨機応変を求められる。
時にセオリーを無視したとしても完成した仕上り形状を優先する。
暖かい灯りが灯ると形になったと実感できる
街の灯を灯していく。
Copyright Daisuke Gouda
暖かい灯りが灯ると形になったと実感できる
街の灯を灯していく。
Copyright Daisuke Gouda
ページトップへ