有限会社DUO





WITH ESTATE

WITH ESTATE
「街並みの再生」
Copyright Daisuke Gouda
「街並みの再生」
Copyright Daisuke Gouda
戦後77年経ち、高度成長期を終えて都市としては成熟期を迎えた各地の都市で
再開発等で新たなエネルギーが注がれる中、 まだ使える古い建物を再生し新たな人流を作りだす。
使えるものは大事に使うサステナブルに資源を使う。
スクラップアンドビルドとリビルドの共生で街にエネルギーが出てくる
戦後77年経ち、高度成長期を終えて都市としては成熟期を迎えた各地の都市で再開発等で新たなエネルギーが注がれる中、 まだ使える古い建物を再生し新たな人流を作りだす。
使えるものは大事に使うサステナブルに資源を使う。 スクラップアンドビルドとリビルドの共生で街にエネルギーが出てくる
スペースの有効活用
平和公園から少し歩いた都心部の古い建物の一階部分。
元々は倉庫としてほとんど可動していない10坪強のスペースを店舗として再利用する。
間口が狭く奥に長いスペースの有効活用に挑む。
用途は打合せスペースとして、通行人からの視線を緩和しつつ、物理的なデメリットとしての横幅の狭さを感じさせない空間作りを考える。
スペースの有効活用
平和公園から少し歩いた都心部の古い建物の一階部分。 元々は倉庫としてほとんど可動していない10坪強のスペースを店舗として再利用する。
間口が狭く奥に長いスペースの有効活用に挑む。
用途は打合せスペースとして、通行人からの視線を緩和しつつ、物理的なデメリットとしての横幅の狭さを感じさせない空間作りを考える。
現状把握とイメージの擦り合わせ
元々の室内は所狭しと色々な物が置かれ、打合せスペースとしての仕上りを読み解くには些か苦労を要する状態ではあったが、大方のリノベーション物件は往々にして似たように仕上がりを読み解くに一苦労するのが常でもある。
現状把握とイメージの擦り合わせを随時フィードバックをかけていく。このあたりはマンションリノベーションにも通ずるところであり、イレギュラーをいかに肯定的に検討するかが重要になってくる。
現状把握とイメージの擦り合わせ
元々の室内は所狭しと色々な物が置かれ、打合せスペースとしての仕上りを読み解くには些か苦労を要する状態ではあったが、大方のリノベーション物件は往々にして似たように仕上がりを読み解くに一苦労するのが常でもある。
現状把握とイメージの擦り合わせを随時フィードバックをかけていく。このあたりはマンションリノベーションにも通ずるところであり、イレギュラーをいかに肯定的に検討するかが重要になってくる。
残置物が無くなり、改めて横幅3m50センチの圧迫感の中、再度考え方と仕上り、また仕上がった後の家具の配置などを確認し最終的な方向性を確定する。
一般的にはクライアントがこの作業をする事はなく、あくまで現場サイドの話にはなるが、万が一イレギュラーがあればクライアントと共有する。
残置物が無くなり、改めて横幅3m50センチの圧迫感の中、再度考え方と仕上り、また仕上がった後の家具の配置などを確認し最終的な方向性を確定する。 一般的にはクライアントがこの作業をする事はなく、あくまで現場サイドの話にはなるが、万が一イレギュラーがあればクライアントと共有する。
横幅3m50センチの圧迫感は、道路側にある入口の面のガラスを外部の天井の高さまで上げる事により、縦の距離をとって視線を伸ばし圧迫感を軽減した。
また、通行人の視線は道路と室内とのバッファを持たせた空間を明るくした事により、気配を感じつつ視線を外す。
横幅3m50センチの圧迫感は、道路側にある入口の面のガラスを外部の天井の高さまで上げる事により、縦の距離をとって視線を伸ばし圧迫感を軽減した。 また、通行人の視線は道路と室内とのバッファを持たせた空間を明るくした事により、気配を感じつつ視線を外す。
多様化した時代には物事の考え方に全ての人が共通の正解が無いように、提案したものや作ったものにも正解は無く、 その中で使い手や暮らし手の価値観にいかにして寄せていくか、諸々の基準に当てはめる事が出来るのであればリノベーションも選択肢の一つになりうる。
Copyright Daisuke Gouda
多様化した時代には物事の考え方に全ての人が共通の正解が無いように、提案したものや作ったものにも正解は無く、 その中で使い手や暮らし手の価値観にいかにして寄せていくか、諸々の基準に当てはめる事が出来るのであればリノベーションも選択肢の一つになりうる。
Copyright Daisuke Gouda
ページトップへ