有限会社DUO





WITH ESTATE

WITH ESTATE
「仕上りを読み創手つくりてに繋ぐ」
Copyright Daisuke Gouda
「仕上りを読み創手つくりてに繋ぐ」
Copyright Daisuke Gouda
広島というエリアに根を張り、
東西南北と繋がりを頂く中で特に感じるのは、割と交通機関が整っている事。
車に乗れるのであればさらに暮らしていく上での自由度が増す。
今回は広島市内へ公共交通機関での通勤圏内でもあり、
その上でいかに自然豊かな郊外に住むという事を決められたお客様の土地の仕上げ方を見ていく。
郊外の土地に限らず、新規分譲地を除くと検討地がどの様に仕上がるのか?
また、仕上がる為には費用的にどの位掛かるのか?
と、中々クライアントには読みづらい事も多い
そんなクライアントと創手とを繋いでいくのも土地を扱う者としての責務だと思う。
広島というエリアに根を張り、東西南北と繋がりを頂く中で特に感じるのは、割と交通機関が整っている事。車に乗れるのであればさらに暮らしていく上での自由度が増す。今回は広島市内へ公共交通機関での通勤圏内でもあり、その上でいかに自然豊かな郊外に住むという事を決められたお客様の土地の仕上げ方を見ていく。郊外の土地に限らず、新規分譲地を除くと検討地がどの様に仕上がるのか?また、仕上がる為には費用的にどの位掛かるのか?と、中々クライアントには読みづらい事も多いそんなクライアントと創手とを繋いでいくのも土地を扱う者としての責務だと思う。
現状の把握
生茂った籔の中で、既存建物をイメージから外し、新規で土地のポテンシャル生かすための作戦を建てる。
既存建物の土地に対する座り方を参考に新たに土地の持つポテンシャルを引き出す為に藪の生かし方も含め、検討する。
土地が広すぎる場合にはどこで割り切るかによって仕上りがとても残念になってしまう。
どこまでクライアントの想いを読む事が出来るか、また誰と組むかが大きなカギとなる。
現状の把握
生茂った籔の中で、既存建物をイメージから外し、新規で土地のポテンシャル生かすための作戦を建てる。
既存建物の土地に対する座り方を参考に新たに土地の持つポテンシャルを引き出す為に藪の生かし方も含め、検討する。
土地が広すぎる場合にはどこで割り切るかによって仕上りがとても残念になってしまう。
どこまでクライアントの想いを読む事が出来るか、また誰と組むかが大きなカギとなる。
敷地の整理
今回の事例では既存宅地に生い茂る籔の整理から行う。
傾斜がある土地なのか、ある程度の平場なのかによって藪の整理の考え方も変わるが、今回は思い切って処分し、元々のシンボルであった杉の大木とウエルカムツリーとしての桜の木をメインに考える。
一口に籔の処分と言っても中々と予算が組みにくく、経験と勘をいかに養うかは創りての技術になる。
また、広い敷地内に既築されている解体予定の古家の存在が敷地のパフォーマンスを読みにくくしている。
敷地の整理
今回の事例では既存宅地に生い茂る籔の整理から行う。傾斜がある土地なのか、ある程度の平場なのかによって藪の整理の考え方も変わるが、
今回は思い切って処分し、元々のシンボルであった杉の大木とウエルカムツリーとしての桜の木をメインに考える。
一口に籔の処分と言っても中々と予算が組みにくく、経験と勘をいかに養うかは創りての技術になる。 また、広い敷地内に既築されている解体予定の古家の存在が敷地のパフォーマンスを読みにくくしている。
現状把握と将来像のギャップを埋めていく
最終的に建物と敷地の仕上がりを検討しながら、現状把握と将来像のギャップを埋めていく。
この時点で敷地の仕上がりと建物の配置などといった将来像のイメージと実際の工事等で行う仕上りとの相違が出る。
そこに対してバッファ(ある程度の許容)を大らかに取っておく事が実は大きなポイントになってくる。
現状把握と将来像のギャップを
埋めていく
最終的に建物と敷地の仕上がりを検討しながら、現状把握と将来像のギャップを埋めていく。
この時点で敷地の仕上がりと建物の配置などといった将来像のイメージと実際の工事等で行う仕上りとの相違が出る。そこに対してバッファ(ある程度の許容)を大らかに取っておく事が実は大きなポイントになってくる。
この写真くらいまで工事が進むともはや当初の面影が残っていないように見えるが、既存の建物を解体し敷地を整理して敷地と新規の建物を一体で考える事によって、最適な建物の座りを実現できるとともに、全体的なバランスを取る事が出来る。
敷地に対しおおらかに建物が調和する。
この写真くらいまで工事が進むともはや当初の面影が残っていないように見えるが、既存の建物を解体し敷地を整理して敷地と新規の建物を一体で考える事によって、最適な建物の座りを実現できるとともに、全体的なバランスを取る事が出来る。
敷地に対しおおらかに建物が調和する。
クライアントに対してのベストな施工会社をアテンドするという事は、クライアントが望む土地をアテンドする事と同じくとても重要なファクターとなることを知らない方は多く、そこの部分をクライアントに伝えていく事も不動産を生業にしている者としての責務なのかもしれない。
家族で同じ時間を共有する事。ゆっくりと横並びでとるコミュニケーションはドライブと同じく心が繋がり、家族の最適なコミュニケーションは暮らしの豊かさと直結する。
クライアント家族のパーソナルスペースを読み最善の距離で繋ぐ。
そういう設計思想の施工会社をアテンドさせて頂いた。
クライアントに対してのベストな施工会社をアテンドするという事は、クライアントが望む土地をアテンドする事と同じくとても重要なファクターとなることを知らない方は多く、そこの部分をクライアントに伝えていく事も不動産を生業にしている者としての責務なのかもしれない。
家族で同じ時間を共有する事。ゆっくりと横並びでとるコミュニケーションはドライブと同じく心が繋がり、家族の最適なコミュニケーションは暮らしの豊かさと直結する。
クライアント家族のパーソナルスペースを読み最善の距離で繋ぐ。 そういう設計思想の施工会社をアテンドさせて頂いた。
優しい陽ざしを取り込みながら、ピクチャーウインドウとして手入れの行き届いた自分の林を楽しむ事が出来るリビング。
感性の共有は家族のより心地よい繋がりを深める。
日常生活の中でふと豊かな気持ちになれる事が暮らしの豊かさにつながる。
優しい陽ざしを取り込みながら、ピクチャーウインドウとして手入れの行き届いた自分の林を楽しむ事が出来るリビング。
感性の共有は家族のより心地よい繋がりを深める。
日常生活の中でふと豊かな気持ちになれる事が暮らしの豊かさにつながる。
朝、昼、夜また四季折々の姿を見せてくれるウエルカムツリー
始めてこの地を訪れた時には夏だった為、お引渡しの満開の桜は大きなサプライズとなった。
都心部のマンション・団地の住宅地等、どんな場所でも暮らしの中に家族の繋がりを紡いでいく事が使命であり、価値観の多様性が求められる現代のクライアントに対する寄り添い方をアップデートしていく必要性を、今回また満開の桜を見るたびに考えていく。
朝、昼、夜また四季折々の姿を見せてくれるウエルカムツリー
始めてこの地を訪れた時には夏だった為、お引渡しの満開の桜は大きなサプライズとなった。
都心部のマンション・団地の住宅地等、どんな場所でも暮らしの中に家族の繋がりを紡いでいく事が使命であり、価値観の多様性が求められる現代のクライアントに対する寄り添い方をアップデートしていく必要性を、今回また満開の桜を見るたびに考えていく。
不動産エージェントとして一つ一つの案件でクライアントの価値観を読み取り繋いでいく。
繋がりを頂いたクライアントの一番嬉しい瞬間に立ち会えることを目標に、縁を繋ぐ事を継続していく。
Copyright Daisuke Gouda
不動産エージェントとして一つ一つの案件でクライアントの価値観を読み取り繋いでいく。
繋がりを頂いたクライアントの一番嬉しい瞬間に立ち会えることを目標に、縁を繋ぐ事を継続していく。
Copyright Daisuke Gouda
ページトップへ